日別アーカイブ: 2018年1月8日

加齢と同時にハッキリ出てくる

かつて一世を風靡したガングロがここにきて二度目の流行の兆しを見せています。一つのスタイルとしてなじんできたのかも知れませんが、お肌のシミが心配ですよね。みんなが同じってわけではないでしょうが、やはりガングロ卒業後にはより多くのシミが通常の場合より発生してしまうでしょう。

毎日洗顔などで綺麗な状態にしていても、何となくニキビができることは誰しも感じることがあるに違いありません。吹き出物ができないようにするには、清潔にするため洗顔などに気を配るのは当然のこと、健康的な食事をとり十分に睡眠時間を確保するといった体調管理も大切なことでしょう。まったく我流ですが、スキンケアをとおして思い当たったことがあります。

具体的に言うと、表皮が薄かったり、シワがなくても肌が硬いと、早くシワを招くと言うことです。

逆に柔らかいほど小皺ができるのが遅いと言うことです。若い頃は差を感じませんが、加齢と同時にハッキリ出てくるので今現在シワがなくてもしっかり手入れしなくてはいけません。私も話題の炭酸パック(既成品のほう)をしはじめたんです。肌の柔らかさが気のせいじゃないと思えるようになった頃から急に、くすみ・シワ・たるみが目立たなくなりました。肌ケアって、できるときにしておくべきですよね。肌が荒れるのは乾燥が原因のために寝ていません。お肌を守ってくれるクリームを多めに愛用すると良いでしょう。

乾いた肌を放っておくのは避けた方が無難です。

肌をきれいにするためには、洗顔する必要があるでしょうが、顔を洗うのも度が超えると、かえって肌を傷めてしまう結果となります。朝は顔を洗わないか、軽く洗う程度にするのが良いです。湿疹(皮膚に炎症が起こることをいい、皮膚炎ともいいます)や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層が重なった作りになっていて、掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。
ラピールプラス

表皮は皮膚のバリアです。

バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージをうけることが多くなってしまいます。こうして真皮までもがダメージをうけて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。お肌をキレイにすることは、私が知る限りでも多くの方の興味を引く話である所以ですが、具体的な方法については、急速に進化を続けています。

近頃は美肌アイテムがたくさん登場していて、中でも特にシミ改善に効果のあるサプリメント(忙しい現代人の必需品、そんな風にいうこともできるかもしれません。)が注目を集めています。スキンケアの手間はその通り、毎日飲み続けるだけでシミを薄くする効果があるという手軽さが人気の秘訣でしょう。

乾燥しがちな秋そして、冬は持ちろん、エアコンの効きすぎた夏も肌へのダメージは大きいですよね。しかし、日々のスキンケアはとっても面倒なはずです。その際に便利なものがオールインワンというものなのです。昨今のオールインワンはまあまあよく出来ていて、ベタ付きも少なく、保湿効果がちゃんと実感できるのが嬉しいです。お肌にシミができる原因としてまず思い浮かぶのは紫外線ではありますが、シミに大きな影響を持たらすもう一つの原因がホルモンバランスの乱れにあることは知っていますか?その具体例として挙げられるのは、最近になってCMなどの効果もあって世間に名を知られた「肝斑」です。この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すことが一般的に言われています。それから、肝班をできやすくする行為としてピルという薬品の服用が挙げられ、紫外線が原因のシミよりも治すことが難しいのもこのシミの特性です。

さいきん肌の色が悪い、部分的に乾燥してメイクのノリが悪いという人は必見です。それ、実はシワの前駆症状なんです。保湿効果を高めるフェイスパックはいかがでしょう。

就寝前に行なうと肌が休まるので緊張がとれ、ゆったり眠れるようになります。家にあるものを利用すると簡単です。立とえば、無糖ヨーグルトの上澄み液とハチミツを混ぜます。仕上がりはユルめです。それを肌に塗って数分から10分くらいで洗い流します。

このとき洗顔料を使わないこと、タオルでこすらないことがポイントです。スキンコンディショナー的な効果があるので肌の弾力を復活させ、シワやたるみのない肌になるよう作用します。

小麦粉を入れるとパックらしくなりますが、皮脂を除去する力が強いのであまりおすすめしていません。炎症を起こした状態のニキビは、顔を洗う場合などにちょっと触っただけでも痛みがあります。

そのため、ニキビが炎症を起こしてしまったら、どれほど気になっ立としても指で触るのは絶対に辞めてください。触ると痛いのも持ちろんですが、指から雑菌が入るために、さらに炎症がひどくなる可能性があります。